新型コロナウイルス禍に五輪競技で初めて日本に海外の選手を招いた体操の国際大会「友情と絆の大会」が8日、東京・国立代々木競技場で行われた。男子の内村航平(リンガーハット)が鉄棒でH難度の大技を決めるなど、世界トップの演技を観客の前で披露した。内村は「来年の東京五輪に向けて、いい形でつなげられた。五輪ができないと思わないでほしい」と呼び掛けた。

 日本のほか、米国、ロシア、中国の計30選手が参加し、2チームに分かれた男女混合の団体戦を実施した。選手には期間中に毎日のPCR検査を義務付けるなどの感染対策を徹底し、大会運営で五輪の試金石として注目が集まった。