俳優の上白石萌音と溝端淳平が、笑顔が輝く著名人に贈られる「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2020」(日本歯科医師会主催)に選ばれ、東京都内で開かれた授賞式に出席した。上白石は「明るい気持ちになれる賞を頂けてうれしい。ただ『ベストスマイル』と言われて、カメラの前で笑うのは照れますね」とはにかんだ。

 溝端も「すごく光栄だけど、確かにプレッシャーがある」と苦笑い。デビュー直後は笑顔を見せるのが苦手だったといい「撮影で何度もNGを出していた。当時、諦めずに付き合ってくれたスタッフさんにありがとうを言いたい」と感謝した。

 授賞式は11月8日の「いい歯の日」にちなんで開催。溝端は幼い頃から歯科医のおじに歯磨きの指導を受けてきたという。「今も歯ブラシをつまむようにして、優しく細かく磨いている」と、白い歯の秘密を明かした。

 上白石の印象を問われると「こんなに屈託のない笑顔で、周りを明るくできる人はなかなかいない」。この賛辞に上白石は「褒められるってうれしい」と、この日一番の笑顔をはじけさせた。

 今年は新型コロナウイルスの影響で、不安な日々を過ごすことも多かったという2人。上白石は「どんなに大変な日々でも、必ず笑える瞬間がある。その時にいい顔で笑えるように、歯をしっかり磨きたい」と決意を新たにしていた。