自転車トラック種目の全日本選手権最終日は8日、前橋市のヤマダグリーンドーム前橋で行われ、東京五輪男子ケイリン、スプリント代表の新田祐大(日本競輪選手会)が、1000メートルタイムトライアルで1分1秒551をマークし優勝した。

 女子オムニアム代表の梶原悠未(筑波大大学院)はポイントレースで5連覇、3000メートル個人追い抜きで4連覇を達成し、今大会6冠とした。男子オムニアム代表の橋本英也(日本競輪選手会)はポイントレースで優勝した。