【ロサンゼルス共同】米大統領選で民主党のバイデン前副大統領が勝利を確実としたことを受け、スポーツ界からも7日、反応が相次いだ。

 女子テニスの大坂なおみ選手は、大接戦だったネバダ州でバイデン氏が勝利したことなどに自身のツイッターで触れた。優勝した今年の全米オープンでは、白人警官による黒人男性暴行死などの被害者名が入ったマスクを1回戦から入場時に着用し、人種差別に抗議した。

 NBAレーカーズのレブロン・ジェームズ選手は、自身にバイデン氏の顔をはめ、トランプ大統領の顔と合成した相手選手とゴール下で競り合う写真を投稿。優勝時に葉巻を吸って勝利を祝う動画も掲載。