神戸市の社会福祉法人が今春、同市灘区で特別養護老人ホーム(特養)を開設する際、介護設備の他に備品名目でシャンデリアや本革ソファなどの高級家具を購入して補助金を申請し、兵庫県が申請通りに認めて支給したことが7日、県や施設関係者への取材で分かった。事前に見積書や領収書を県に提出しており、県は「改めて書類を確認したが、補助認定は適正だ」としているが、公金支出のあり方を巡って議論を呼びそうだ。

 同法人「六甲鶴寿園」ではこの特養開設時、市に職員数を偽って書類を提出した疑いも発覚しており、市が調査中。