香川県東かがわ市の養鶏場から7日、複数の鶏が死んでいると県の家畜保健衛生所に連絡があり、13羽を簡易検査した結果、一部から鳥インフルエンザの陽性反応が出たことが7日、県への取材で分かった。

 政府は5日、同県三豊市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが確認されたと発表し、飼育されている約33万羽の殺処分が進められている。県によると、東かがわ市の養鶏場から数十キロ離れており関連性は不明。