競泳の日本社会人選手権は7日、和歌山市の秋葉山公園県民水泳場で開幕し、男子の1500メートル自由形は竹田渉瑚(オーエンス)が15分9秒95の大会新記録で制した。200メートル背泳ぎは砂間敬太(イトマン東進)が1分56秒11の大会新で、50メートル自由形は中村克(イトマン東進)が22秒27で勝った。

 100メートル平泳ぎの女子は渡部香生子(JSS)が1分8秒20で優勝し、男子の渡辺一平(トヨタ自動車)は1分0秒90の5位に終わった。