【ニューヨーク共同】6日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比19銭円高ドル安の1ドル=103円29~39銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1872~82ドル、122円67~77銭だった。

 米連邦議会選を巡り、上下両院で多数派が異なる「ねじれ」が維持されれば、大規模な財政出動は難しくなるとの見方から円買いドル売りが優勢となった。10月の米雇用統計が市場予想より良かったため、ドルが買い戻される場面もあった。