【ニューヨーク共同】6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日からの下げ幅は一時、200ドルに達した。午前10時現在は前日比131・09ドル安の2万8259・09ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は120・57ポイント安の1万1770・36。

 前日まで4日続伸した反動で利益を確定するための売りが優勢となった。マイクロソフトなどIT関連株の下げが目立った。