【ロンドン共同】スウェーデン当局が第5世代(5G)移動通信システムで、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の機器を用いるのを禁じたことに関し、同社がスウェーデンの裁判所に訴えを起こしたことが6日明らかになった。ロイター通信が報じた。

 ファーウェイは「裁判所には、スウェーデン当局の決定が適正な手続きにのっとり、法に従ってなされたかどうかを調べてほしい」と訴えた。

 スウェーデン郵便電気通信庁(PTS)は10月、安全保障上の懸念を理由に、5G通信網でファーウェイと中興通訊(ZTE)の製品の使用を禁止すると発表した。