神戸市中央区のベーカリーカフェで飼い犬のゴールデンレトリバーが客をかみ、女性2人がけがをした事件で、神戸区検は6日、業務上過失傷害と動物愛護法違反の罪で、田尾知子経営者(42)と夫の達也従業員(49)を略式起訴した。神戸簡裁は同日、いずれも罰金30万円の略式命令を出した。

 2人は店内で犬を放し飼いにし、2月と5月、女性客2人にけがを負わせるなどしたとして、10月に逮捕された。神戸市保健所が危険な飼い方を把握し、2月以降3回警告していた。

 達也従業員はいったん釈放された後、証拠隠滅を図る恐れがあるとして、同じ容疑で改めて逮捕された。