熊本市立西原小で10月、3年の男児が運動会の練習中に骨折した問題で、市教育委員会は6日、40代男性教諭が蹴ったことにより、左大腿骨を骨折したとの調査結果を発表した。市教委によると、教諭は自宅謹慎中で「蹴られる痛みを分からせたかった」と説明しているという。

 市教委は体罰に当たるとみて処分を検討する。熊本県警は教諭らから任意で事情を聴いており、傷害容疑などに当たるかどうか判断する。

 10月17日、男児は体育館で運動会の練習中に別の児童とけんかになった。教諭は他の学級の担任で「トラブルをやめさせたかった。本当に申し訳ない」とも話したという。