NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で脚光を浴びる明智光秀にゆかりのある岐阜県の8市町の地方議員が「岐阜県明智光秀ゆかりのまち議員連盟」を結成した。会長に就任した亀谷光・可児市議(72)らが6日、陣羽織姿で記者会見し「光秀で結びつき、歴史が詰まった岐阜の魅力を県内外に発信する大きな野望がある」と語った。

 歴史好きの地方議員18人がネットワークを生かし、行政とは異なった角度から地域振興に取り組もうと結成した。光秀のルーツとされる土岐氏の氏神だった十五社神社(岐阜県山県市)の神主でもある加藤裕章・山県市議(47)も加わった。