【ソウル共同】ソウル高裁は6日、前回の韓国大統領選の際などにインターネット上での違法な世論操作に関わったとして起訴された金慶洙・慶尚南道知事(52)に懲役2年の判決を言い渡した。金被告は文在寅大統領の側近で知られる。

 無罪になれば文氏の有力後継候補になり得るとみられ、判決が注目された。金被告は判決後「到底納得できない判決だ。直ちに上告する」と強調した。

 判決によると、金被告は与党「共に民主党」の元党員の男と共謀。文氏に有利な世論を形成するため、男が開発したプログラムを使い、ネット上のニュースに賛同するクリックを繰り返すなどの世論操作に加担した。