厚生労働省は6日、工業技術や衣服、建設など各分野で卓越した技能を持つ150人を2020年度の「現代の名工」に選んだと発表した。表彰式は9日に東京都内のホテルで開かれる。

 選ばれたのは、大阪の伝統工芸「堺打刃物」の鍛造技術で、はさみなどを製造する堺市の打刃物鍛造仕上工平川康弘さん(69)、ガラスで作った細かな花びらを組み合わせ、立体的に見せる技法を考案した山梨県のガラス製品加工工向山明生さん(74)、スポーツ用義足製作の第一人者で、パラリンピック選手にも提供している東京の義肢・装具製作工臼井二美男さん(65)ら。