北海道と札幌、旭川、小樽の3市は6日、新型コロナウイルスに感染した患者1人が死亡し、計115人が感染したと発表した。道内の死者は計113人、感染者は計3658人となった。道内の新規感染者は5日の119人に続いて連日の100人超えとなった。

 新規感染者の発表は札幌市が77人、道が31人、旭川市が6人、小樽市が1人。

 また、札幌市は市内の高校と医療機関でそれぞれクラスター(感染者集団)が発生し、高校では教員3人と生徒4人の計7人、医療機関では患者2人と職員3人の計5人が感染したと明らかにした。