公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6日、7~9月期の運用実績が4兆9237億円の黒字になったと発表した。黒字は2四半期連続。

 運用利回りは3・05%。9月末時点の運用資産額は167兆5358億円で、市場運用を開始した2001年度以降、累積収益額は74兆9483億円となった。

 GPIFは国内の株式と債券、外国の株式と債券という四つの資産に分散投資している。国内外の株式の比率が全体の半数を占めており、運用実績は株式市場の動向に左右されやすい。