10月の車名別国内新車販売台数は、トヨタ自動車の小型車「ヤリス」が1万8592台と2カ月連続で首位だった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した。運転支援技術や低燃費が評価され、8月31日に派生車種の「ヤリスクロス」を発売した効果もあった。

 2位はホンダの軽自動車「N―BOX」で、前年同月比1・7%増の1万6052台となった。N―BOXは8月まで9カ月連続でトップを確保した。3位はトヨタのSUV「ライズ」の1万3256台だった。ヤリスは今年2月、ライズは昨年11月発売のため、前年同月実績とは比較できない。