埼玉県上里町のアパート一室で違法に豚を解体した疑いでベトナム国籍の元技能実習生チャン・スアン・コン容疑者が逮捕された事件で、県警は6日、コン容疑者を立ち会わせ、と畜場法違反容疑でこの部屋を家宅捜索した。北関東で相次いだ家畜や果物の盗難との関連を調べる。

 県警によると、部屋には、容疑者のほかベトナム国籍の男性5人前後が住んでいる。解体を手伝った人物がいるとみて道具などを押収し調べる。容疑者のスマートフォンから豚肉の購入を持ち掛けるメッセージが送信されていたほか、ナシを売っていたとの情報もあり実態解明を目指す。