陸上自衛隊の輸送機V22オスプレイが6日、暫定配備されている千葉県の木更津駐屯地で初めて飛行した。7月に2機が到着してから、点検作業を続けていた。飛行は駐屯地でのホバリングから始め、今月10日以降、駐屯地外に出て木更津市内や、他の地域にも範囲を広げる。陸自は、訓練のレベルを徐々に引き上げ、部隊で運用できるようにする考えだ。

 米軍の兵員輸送機として開発されたオスプレイは開発段階から事故が続発。日本国内でも2016年12月、沖縄県名護市で米軍のMV22が不時着、大破しており、安全性の確保が重要な課題だ。