橋本聖子男女共同参画担当相は6日の記者会見で、性暴力に関する全国のワンストップ支援センターに寄せられた相談件数が、4~9月に前年同期比15・5%増の2万3050件に上ったと発表した。背景として新型コロナウイルス感染拡大を挙げた。

 橋本氏は「どれだけコロナ禍で女性に対する性被害があるか、多くの人に理解してもらい、しっかりと政府が支えていかなければいけない」と述べた。

 内閣府の担当者によると、一部のセンターではマッチングアプリや出会い系サイトで知り合った人から受けた被害相談が増えており、コロナ禍が影響している可能性があるという。