【ニューヨーク共同】ゼネラル・モーターズ(GM)など米国が地盤の自動車大手3社の2020年7~9月期決算が5日、出そろった。GMとフォード・モーター、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の全社の純損益が黒字を確保。新型コロナウイルス感染拡大が直撃した4~6月期からの回復基調が鮮明となった。

 主力の北米市場で、ピックアップトラックなどの収益性が高い大型車が好調だった。フォードのファーリー最高経営責任者は「顧客が欲する商品やサービスを投入し、再成長につなげる」とコメントした。ただ、7~9月期の世界販売台数は3社とも前年実績を割り込んだ。