阪神は3位以上が決定。西勇が二回途中7失点と崩れても、1―7の三回に1点返し、四回は代打原口と近本の連続適時打など6安打を集めて5得点で同点。五回に梅野のソロ本塁打で勝ち越した。ヤクルトは金久保らが粘れなかった。