西村康稔経済再生担当相は5日の記者会見で、本格的な寒さの到来を前に店の換気など冬場の対策を政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会で話し合う考えを示した。寒冷な北海道では新規感染者が同日初めて100人を超えており、西村氏は鈴木直道知事と電話会談し、PCR検査の徹底や地域、業種を絞った対策の集中実施を求めたことも明らかにした。

 西村氏は「これから全国で寒くなってくる」と述べ、議論を急ぐ意向を示した。主な論点として、飲食店などで店内を「閉めきった中でどうやって換気を良くしていくか」といった課題を挙げ、専門家に具体的な対応を話し合ってもらうと説明した。