世界的名門ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の公演が5日、北九州市小倉北区の北九州ソレイユホールで開かれた。招聘元のサントリーホール(東京)によると、新型コロナウイルスの影響でウィーン・フィルは国外公演を控えており、国外ではドイツでの3月の演奏以来初めて。

 公演前には「ブラボー」の禁止が呼び掛けられた。指揮はロシアの巨匠ワレリー・ゲルギエフ。曲目はチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」など。悲愴の演奏に先立ち「ウィーンでのテロ犠牲者にこの曲をささげる」とアナウンスがされた。

 日本政府はオーストリア政府の申し入れを踏まえ、コロナ禍の特例として来日を認めた。