DeNAが運営する「モバゲー」の会員規約が違法だとして、埼玉県の適格消費者団体が使用差し止めを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は5日、一部規約の差し止めを命じた一審判決を支持し、DeNA側の控訴を棄却した。規約は、同社に一方的に有利となる不当な免責条項に当たると判断した。

 同社は「他の会員に迷惑をかけた」などと判断した場合、会員資格を取り消せると規約に明記。その上で「損害が生じても、一切損害を賠償しない」としており、訴訟では、この規約が消費者契約法に違反するかどうかが争われた。

 DeNAは「判決内容を精査し、今後の対応を検討する」とのコメントを出した。