ヤクルトの村上宗隆内野手が5日、甲子園球場で行われた阪神24回戦の二回に1イニング3盗塁をマークし、プロ野球記録に並んだ。1979年に島田誠(日本ハム)が記録して以来17人目。セ・リーグでは51年の与那嶺要(巨人)、53年の土屋伍郎(国鉄)に次いで3人目となった。

 試合前まで今季8盗塁の村上はこの回、右前打で出塁後、二盗、三盗、本盗に成功した。本盗は2死二、三塁から二塁けん制の間に決めた。