サッカーのJ2磐田は5日、FW小川航基(23)とDF船木翔(22)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性だったと発表した。いずれも無症状だが、磐田は同日、2人と濃厚接触が疑われる選手とスタッフに対してPCR検査を実施した。

 クラブによると両選手は10月25日にホームのヤマハスタジアムで行われた群馬とのリーグ戦に出場後、知人と接触した。その知人が新型コロナウイルスに感染したことが4日に分かり、遠征先のホテルで隔離した上でPCR検査を受けた。

 磐田は下部組織やサッカースクールなどの活動を中止した。