5日の参院予算委員会で、菅義偉首相に答弁を求めた自民党の質問者が「カン」首相と呼び間違える場面があった。同じ漢字で読みが異なる立憲民主党の菅直人元首相を思い起こさせる「失言」に、首相は苦笑いを浮かべた後、そのまま答弁に入った。

 質問したのは二之湯智参院政審会長。国会議員秘書や地方議員を経験したと自己紹介し「たたき上げ」の首相に「非常に共感を覚える」とアピールした後にミスをした。慌てて言い直したが、与党のトップバッターの思わぬつまずきに場内から笑いが漏れた。