立憲民主党の枝野代表は5日、東京・JR新宿駅前で街頭演説し、日本学術会議の会員候補任命拒否問題を巡る菅首相の国会答弁を批判した。「説明する意欲も力もないならリーダーとしてふさわしくない」と述べた。党幹部も相次いで演説し、菅政権を徹底追及する姿勢をアピール。世論を喚起し、国会論戦で主導権を握る狙いもありそうだ。

 枝野氏は「共生社会をつくる温かい政治をこの国に取り戻そう」と立民への支持も訴えた。

 福山幹事長は任命拒否問題について「安倍政権で見せつけられた政治の劣化が、菅内閣でまた目の前に現れた」と強調。蓮舫代表代行は「国民の納得する説明が必要だ」と指摘した。