琉球大は5日、新型コロナウイルス感染症の重症化を防ぐ薬としての有効性を確認するため、「コルヒチン」の臨床試験(治験)を横浜市立大などと共同で来年1月に始めると発表した。コルヒチンは痛風の治療薬として使われており、安価で安全性も高い。効果を確認できれば、患者と医療機関両方の負担軽減が期待できる。

 コルヒチンはイヌサフランの種子や球根に含まれる成分で、細胞の炎症を抑える作用がある。コロナは、体内でウイルスに対する過剰炎症が起きて重症化するため、それを防ぐ効果があるか検証する。

 来春までに沖縄や埼玉、東京の医療機関約10施設で実施する。