NHKが総務省の有識者会議で要望した、テレビ設置時にNHKへの届け出を義務化する制度変更について、前田晃伸NHK会長は5日の定例記者会見で「届け出をしないと罰則ということではない」と説明した。放送法に、テレビ設置の届け出をお願いする文言を追加するよう要望しているという。

 届け出によってNHKは受信契約の対象者を把握し、営業経費の削減につなげたい考え。

 前田会長は「受信料を払っていただいている方への不公平感が固定化する」として、早期の法改正を求めた。テレビを未設置の場合も、届け出を促す方針を明かした。