関東学生陸上競技連盟は5日、第97回となる東京箱根間往復大学駅伝を来年1月2、3日に予定通り開催すると発表した。コースは前回と同じ東京・大手町―神奈川県箱根町の往復217・1キロ。日本陸連の指針に従って参加者の健康チェックなど新型コロナウイルス感染対策を講じ「今後の社会情勢の変化によっては、大会を中止する可能性もある」とした。

 沿道での応援について出場校の関係者や保護者に対しては「強く自粛を求め」、地域の住人にも「観戦はご遠慮ください」と呼びかけた。10月の予選会は陸上自衛隊立川駐屯地内の周回コースで観客を入れず行った。