俳優で歌手の夏木マリとモデルの冨永愛が東京都内で開かれた刃物メーカー「貝印」のイベントに登場。11月8日の「いい刃の日」に合わせ、2人がそれぞれ同社とタイアップして開発した“アイデア刃物”を発表した。

 夏木は持ち手が紙素材で刃がステンレスの赤いはさみを紹介。「環境に配慮し、従来のプラスチックなどに代わる素材として紙にした」とアピールした。冨永は「本当に紙なのかなというくらい、ちゃんとした硬度があって、質感も優しくて意外に軽いのに驚いた」と感心していた。

 一方の冨永は眉毛用のかみそりとはさみ、毛抜きが一体になったペン型の試作品を説明。「これ一つで眉毛のケアができる。(自然に返る)生分解性プラスチックを使って、環境に配慮した」と語った。

 熱心に聞き入っていた夏木は「なかなか素晴らしいアイデアだと思う。眉は女の命ですから。これを見たら、眉をちゃんと描きたいと思っちゃう」と、冨永をしきりに褒めていた。