人気アニメ「鬼滅の刃」と歌舞伎がコラボレーションした特別展が6日から始まるのを前に、京都市東山区の南座で5日、報道陣向けの内覧会が開かれた。歌舞伎の登場人物に扮したキャラクターのイラストが展示され、登壇した歌舞伎俳優の尾上松也さんが「アニメの世界観と照らし合わせながら歌舞伎を楽しんでもらいたい」と語った。

 「鬼滅の刃」は主人公竈門炭治郎が「鬼殺隊」の仲間たちと鬼と戦う物語で、鬼退治を題材にした歌舞伎の演目に登場する源頼光と家臣の四天王らとコラボ。炭治郎が四天王の坂田金時、「鬼殺隊」の冨岡義勇が頼光に扮するなど、キャラクターに合わせ登場人物を選定した。