【ロンドン共同】英中央銀行イングランド銀行(BOE)は5日、前日まで開いた金融政策委員会の結果を公表した。国債などを買い入れ、市中に資金を供給する量的金融緩和の資産購入枠の規模を拡大し、総額8950億ポンド(約121兆円)にすることを全会一致で決めた。これまでは7450億ポンドとしていた。

 足元で新型コロナウイルス感染が急拡大する中、英政府は対策を強化。経済活動が抑制されて停滞する懸念があり、潤沢な資金を供給して景気を下支えする。

 BOEは、主要政策金利は過去最低の年0・1%で据え置いた。