NHK広島放送局が原爆被害を伝えるために始めたツイッターの投稿が、在日コリアン差別をあおっていると批判を受けた問題で、市民団体「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」は5日、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会に、検証と審議を求める要望書を提出した。

 同団体は醍醐聡・東京大名誉教授が代表を務め、要望書で「人権上、重大な問題でNHKの制作・編集上の品質管理に瑕疵があった」と指摘。広島放送局の対応は内部検証に欠け、再発を防げる保証がないと訴えている。