映画「新解釈・三國志」(12月11日公開)の完成報告会見が東京都内で開かれ、主演の大泉洋とムロツヨシが出席した。

 コメディーの名手、福田雄一監督が大胆な解釈で描いた作品に、大泉は「よく知っている人は見なくていいんじゃないかな」と三国志ファンの反発を心配し、ムロも「見ないでいただきたい」と同調して笑いを誘った。

 蜀の武将劉備を演じる大泉と、天才軍師孔明役のムロは劇中の衣装で登場したが、他の豪華出演陣は等身大のパネル写真で紹介。大泉は「これでは俺とムロが暇に見える」と不満を漏らした。

 終始ぼやいている設定の劉備に「私にぴったりの役だった」と大泉。「正直に言うと『キングダム』に出たかった」と別の大作を挙げるなど、会見でもぼやきっぱなしだった。

 一方のムロは天才軍師役のオファーに喜んだものの、監督から今回の孔明を「自分は何もできないのに、できる人の知恵や力を頼って成功していく人」と説明されたという。「『ムロ君と一緒だから役作りはいらない』と言われ、僕のことをどう解釈しているんだと思った」とぶぜんとした表情を見せた。

 大泉は大みそかのNHK紅白歌合戦で、初の白組司会を務めることが決まっている。「光栄だがプレッシャーもあり、1日悩んだ」と心境を明かし、意気込みまで語り始めたが「でもこれはNHKで言いたいことだな」と気付いて紅白トークを打ち止めにした。