自動運転ソフトウエアを手掛けるティアフォー(名古屋市)やKDDIなどは5日、東京・新宿で自動運転タクシーの実証実験を始めた。高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムを使った自動走行を交通量の多い都心の公道で8日まで行い、安全面や機能面の課題を検証する。

 初日のデモでは、東京都庁を囲むようにタクシーが周回。5Gサービス圏は運転席が無人のまま自動走行した。試乗した東京都の宮坂学副知事(元ヤフー社長)は「違和感なく、スムーズだった」と感心し「モビリティー(乗り物)の変革の出発点となる場所を作っていくことが大事だと感じた」と話した。