ソニーは高精細の3Dコンピューターグラフィックス(CG)映像を、専用の眼鏡を使わず裸眼で見られるディスプレー「ELF―SR1」を発売した。店舗での商品宣伝などに活用を期待している。CG制作者は3D作品の出来栄えを裸眼で確認できるようになる。

 見る人の瞳の動きをセンサーで捉え、視点に合わせた立体的な映像を映し出す仕組みだ。ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツTV事業本部商品企画部の鈴木敏之統括部長は「そこに実物があるかのような体験ができる」と強調する。

 立体に見える視聴者は1人に限られ、専用ソフトでの制作が必要となる。画面は15・6インチ。