加藤勝信官房長官は5日の参院予算委員会で、日本学術会議の会員候補6人の任命拒否を巡り、杉田和博官房副長官らが内部で協議した際の公文書が存在すると明らかにした。立憲民主党の蓮舫代表代行が提出を求めたのに対し、菅義偉首相らは人事に関する記録との理由で提出に応じなかった。除外理由などが記されている可能性がある。野党は予算委に先立つ理事会で杉田氏の招致を要求。与党は受け入れず協議は平行線をたどった。

 蓮舫氏は予算委で、6人の任命を拒否した9月28日の決裁に至る過程が分かる公文書の有無を質問。加藤氏は「杉田氏と内閣府がやりとりした記録は内閣府で管理」と説明した。