【ジュネーブ共同】テニスの男子シングルスで四大大会通算20度の優勝を誇る34歳のラファエル・ナダル(スペイン)が4日、マスターズ・パリ大会の2回戦でフェリシアノ・ロペス(スペイン)に4―6、7―6、6―4で逆転勝ちし、1968年のオープン化以降、同種目で史上4人目のツアー通算千勝を達成した。

 男子ツアーを統括するATPによると、歴代最多はジミー・コナーズ(米国)の1274勝で、2位は現役トップでロジャー・フェデラー(スイス)の1242勝、3位はイワン・レンドル(米国)の1068勝。

 ナダルは通算千勝201敗で、勝率83・3%は歴代1位となっている。