政府は5日、香川県三豊市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生したとして、首相官邸で関係閣僚会議を開いた。加藤勝信官房長官は会議で「緊密に連携し、政府一丸となって感染拡大の防止のため、万全な対応を取っていく」と強調した。野上浩太郎農相は5日午前中から殺処分などの防疫措置を開始するとの見通しを示した。

 会議に先立ち、菅首相は、家禽業者に対し警戒を要請するとともに、予防措置の適切な指導を行うよう指示した。政府は農林水産省に対策本部を設置。農相は「初動対応の迅速な実施に万全を期す」と強調した。香川県に疫学調査チームと葉梨康弘副大臣を派遣する。