【ワシントン共同】米大統領選は4日開票が続き、民主党のバイデン前副大統領(77)が当選に必要な選挙人の過半数獲得に向けて優勢となった。共和党が前回取ったラストベルト(さびた工業地帯)の激戦州、中西部ミシガンとウィスコンシンを奪還、南部ジョージア州で猛烈に追い上げた。開票が進む郵便投票は民主党支持層の利用が多く、共和党のトランプ大統領(74)はミシガンなど3州で集計停止を求めて法廷闘争に打って出た。

 全50州と首都ワシントンに割り当てられた計538人の選挙人の過半数270人を獲得した候補が当選する。