【ロンドン共同】デンマークのフレデリクセン首相は4日、毛皮採取用の家畜ミンクから新型コロナウイルスに感染した人にウイルスの変異種が確認されたとして、新たな感染を防ぐために国内にある農場の全てのミンクを殺処分する意向を明らかにした。欧米メディアが報じた。

 デンマークは世界有数のミンク毛皮輸出国。国内では少なくとも計1500万匹が飼育されているという。

 北部でミンクから感染した12人から変異種が確認された。フレデリクセン氏は記者会見で「将来開発されるワクチンの有効性をウイルスの変異種が危険にさらす可能性がある」と強調した。