国産初のジェット旅客機スペースジェットの事業凍結を決めた三菱重工業が、米国の飛行試験拠点の閉鎖を検討していることが4日、分かった。飛行試験を当面見合わせるため、コストの削減を図る。試験拠点を失うことで、スペースジェットの商業化はますます遠のくことになりそうだ。

 閉鎖を検討しているのは米ワシントン州にあるモーゼスレイク・フライトテスト・センター。2016年から主力の飛行試験拠点として活用していた。カナダなど他の海外拠点は既に閉鎖を決めており、今回の拠点閉鎖が決定すればスペースジェットに関連した海外拠点をすべて閉めることになる。