埼玉県行田市で8月、知人男性を橋から川に落として殺害したとして、埼玉県警は4日、殺人の疑いで同県熊谷市、会社員高山尚紀容疑者(51)を逮捕した。県警によると、容疑者と男性は事件直前、一緒に飲酒しており、何らかのトラブルがあったとみて調べる。

 逮捕容疑は8月14日未明、熊谷市の会社員新井治雄さん=当時(46)=を、埼玉、群馬両県を結ぶ武蔵大橋から利根川に落として殺害した疑い。「殺意はなかった」と容疑を一部否認している。

 同日朝、釣り人が橋から約300m下流の中州に打ち上げられた遺体を見つけた。死因は溺死で欄干から約14m下の水面に落とされたとみられる。