阪神は4日、伊藤隼太外野手(31)、岡崎太一捕手(37)、横山雄哉投手(26)、高野圭佑投手(28)、福永春吾投手(26)に来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。

 伊藤隼は慶大から2012年にドラフト1位で入団し、通算365試合で打率2割4分、10本塁打、59打点。昨季から1軍出場がなく「もう1年チャンスをもらって、今年も結果を出すことができなかった。(今後は)いろいろな方と相談して考える」などとした。