大阪府吹田市の万博記念公園が、秋咲きのバラやコスモス、紅葉で美しく彩られている。新型コロナウイルスの感染拡大で外出にも気を使う毎日だが、入園者は広々とした敷地で「秋」を満喫している。

 園内ではバラ約250種、約2400株が見ごろを迎え、モミジやイチョウなど約1万本の木々も色づきつつある。7日から12月6日までの「紅葉まつり」では、日本庭園にある茶室の特別公開や、夜間のライトアップ(11月21~23日、28、29日)など多彩なイベントを予定している。

 万博記念公園は春以降、桜まつりやハスの観賞会、ひまわりフェスタなど人気の恒例イベントを相次ぎ中止した。