大阪府東大阪市の花園ラグビー場の展示施設「花園ラグビーミュージアム」に昨年のラグビーW杯日本大会を記念したエリアが完成し4日、公開が始まった。当時の興奮を伝えようと、花園で試合をしたアルゼンチンやイタリアなど7カ国の選手のサイン入りユニホームを含む約30点を展示している。

 ミュージアムでは競技の成り立ちや日本ラグビーの歩みをパネルで紹介。公開はこれまで不定期で試合開催日などに限られていたが、この日から毎週水曜日に見学できるようになった。ラグビー場南スタンドや1階コンコースも見学できる。

 公開は水曜日の午前10時から正午、午後1時から午後3時まで。